法雨抄

足るを知る

 大きな店の軒先を借りて、小さな店を始めたとき、 小さなラジオが売れて一万円の代金を落とさないようにしっかりと抱いて帰った頃を思い出すと、 今でも何か身の引き締まる思いがすると、述懐(じゅっかい)する...

小さな心遣い

 一日まだ1歳になったばかりの娘とのんびりしていた時のこと、 鼻水を垂れている娘の鼻をティッシュで拭こうとしたら側にいた主人が 「こうした方が痛くないんじゃない」とそのティッシュを軽くもんで 拭いてや...

ありがとう

 私は「ありがとう」という言葉が好きです。 人を成長させる言葉だからです。 たすけてくれた人に「ありがとう」を言うと、自分も成長します。 「ありがとう」を使って笑顔を増やしていきたいです、 とは九歳の...

衆生とは

 「仏教は一切衆生(いっさいしゅじゅう)を仏に為す教えである」 と言われます。 その衆生に就いて仏教学者の曽我量深さんは 「衆生とは、単に沢山の人が存在しているということではなく、 自分の中に過去現在...

残暑お見舞申し上げます。

星野富広は詠う(斎藤孝・心の琴線に触れる言葉より)  支(ささ)えられているから 立っていられる  支えられているから 崖(がけ)に身体(からだ)を乗り出せる  支えられているから 見えない明日に夢を...

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11