法雨抄

衆生とは

 「仏教は一切衆生(いっさいしゅじゅう)を仏に為す教えである」 と言われます。 その衆生に就いて仏教学者の曽我量深さんは 「衆生とは、単に沢山の人が存在しているということではなく、 自分の中に過去現在...

残暑お見舞申し上げます。

星野富広は詠う(斎藤孝・心の琴線に触れる言葉より)  支(ささ)えられているから 立っていられる  支えられているから 崖(がけ)に身体(からだ)を乗り出せる  支えられているから 見えない明日に夢を...

口を開こう

口を尖(とが)らせて  ふぅー とすれば     息は冷(つめ)たい 口を開(ひら)いて  はぁー とすれば     息は温(あたた)かい 以前新聞の声の欄で見たこんな言葉を思い出しました。 この頃は...

三味一体

あるレストランのシェフが味には「中味」「後味」があるといったそうです。「前味」とは感じの良い店だ入って見ようかと思わせる味、「中味」とは応対もよくおいしいと満足させる味、「後味」とは又この店に来たいと...

恒星であれ

「誰かがやってくれる。誰かに任せておけばいい」という態度の蔓延(まんえん)は学校や社会の中で感じる時があります。私自身も誰かがやってくれるに違いないと思って、自ら行動しないことがあります。 そういう時...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11