2011年の法雨抄一覧

日本のこころ

 いろいろのことがありましたが、本年も終わりの月にはいりました。   東日本大震災からは八カ月、その間被災者の方々が互いに思いやり、助け合って立ちあがられたことが、日本中に感動をよび、「みんなのために...

神の褒美

 将棋の中原誠十六世名人は第三十七期名人戦を振り返って 不調の時に一番いい手を指せたのは今でも不思議です。偶然が積み重なって、あの局面が現われたとしか思えません。調子が悪くても努力を続けていたことに対...

万理一空

 琴奨菊が大関に昇進しました。福岡だけでなく、九州にとっても誠にお目出度いことです。 琴奨菊は協会の使者にたいして、 「謹んでお受けいたします。大関の地位を汚さぬよう、万理一空(ばんりいっくう)の境地...

心の財産

 お金や土地など、目に見える財産だけが相続の対象ではないと思います。愛情、様々な経験、志など心の財産を継承していくことはとても大切なことです、(サンデー毎日「会社の流儀」)というのがありましたが、遺産...

有難う

 暑中お見舞い申し上げます。 せんだって長崎市の小学生松本けいさん(10)のこんな投書が目を引きました。(長崎新聞、みんなのひろば) 人と人がかわしあう「言葉」。そこには魔法の言葉がかくれています。言...

1  2  3

よく読まれる法雨抄